読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は続かないけれど好奇心を探究していくブログ

1995年2月9日生まれ。現在22歳のフリーター。これまで一年続けた仕事はありません。日々自分には何が出来るのか、今後どのように生きていったらいいのかを模索しています。好きなものは洋画と洋楽(ロック、ヒップホップ、ダンスミュージックなど)また語学が好きで、英語と韓国語独学中。コリアンミュージックが好きで特にBTSとB.A.Pが好きです。

これまでの仕事を振り返る 餅製造工場

さて、個人飲食店を辞めた私は再び次の仕事を探していた。


そこで目に止まったのが、食品工場である。そこでは主に餅や麺などを製造していた。


工場は家から徒歩10分にも満たないかなりの近所にあった。私は車はもちろん運転免許も持っていないため、バイト先は、家から徒歩か自転車で通えるのが、絶対条件になる。これなら、雨雪が降っても通える。大きなポイントだった。


これに加え更に私はまたもや安易な考えで応募してしまう。


工場は与えられた仕事を黙々とこなせば良いのだろうから、人との付き合いもないだろうし、出来そうだな、


と思った。


面接をしてくれた女性は本当に優しく、親切な人で、今思い出しても優しい人だったと感じる。面接はとんとん拍子で進み、終始和やかだった。そんな中話の途中でその女性が、


「年配の女性が結構多くて、まあ、言う人は言うよね。」


と呟いた。嫌な予感がした。


実際に働いて私は某ドーナツ店で働き、クビになった最短記録に並ぶ約5日後に、自ら電話をして工場を辞めた。


なぜ、辞めたのか。


同じ作業を永遠とすることが自分の予想以上にきつかった。もちろんある程度想像していたことではあったが、変わりばえのない全く同じ作業を2時間も3時間も続けることは私にとって拷問以外の何物でもなく、本当に頭がおかしくなりそうだった。


そして、おばさんからの圧力がものすごかった。


入ったばかりでうまく作業出来ない私におばさん達(従業員の8割はおばさん)はイライラしていた。ラインでどんどん商品が流れてくるため、その間に商品を詰めるなどの処理をしなければどんどん溜まっていってしまう。ベテランも新人も関係なく、同じ仕事量を同じスピードですることを求められた。少しでももたもたしようものなら、もういいと言わんばかりにおばさんが割って入る。「落ちた餅を片付けるだけでいいから。」と言われ、何もせず、立っていることを暗に命じられた。立っている間、私は何をしに来たのだろうかと思っていた。


学校と同じように昼にチャイムがなり、休憩の合図が知らされる。やっと休憩だと思い、お昼を食べようと食堂の席に着こうとすると、


「その席に座らないで!大体決まってるんだから!」と奥に固まって座っていたおばさんに言われ、移動を命じられた。何故?


また、堂々と私の目の前で私が使えないと他の従業員と笑い飛ばしているおじさんもいた。普通にショックを受けた。


最初に面接をしてくれた女性を含め、他に私に対して優しい言葉をかけてくれるおばさんや同い年の男子もいた。特に私と同期で入った当時60歳くらいだったおばさんはとても良い人で、その人がいる時はいつも私と話をしてくれ、すごく安心していた。私はここで一人じゃないのだと思えた。同い年の男子は大抵ちゃんとやれ、丁寧にやれとちゃんと教えてくれなかった冷たい人間が多かった中で、彼は優しく、丁寧に仕事を教えてくれた。良い人だった。


そこでは時間の進むスピードが恐ろしく遅かった気がする。どんなに裁いてもまだ1時間も経っていない、というのが、ままあった。工場の抑圧された空間、食品の、餅の独特の匂いが充満する中で、人間がぎゅっと集まって作業しているのは私には駄目だった。本当にとことん駄目だった。正直テレビでライン工場で作業する人達が映っているのを見るのも嫌なくらいトラウマになった。


ライン工場にも当たり前だが、人間関係はあるのだと知った。


こうして案の定体調を崩した私はおよそ5日後に申し訳ないのですが、、、と電話をいれ、辞める意思を伝えた。電話に出たのは面接をしてくれた女性で、そう。と静かに受け入れてくれた。


おそらく、もう二度とライン工場では働かないだろう。辞めてから約二年が経ったが、同期のおばさんはまだ働いているのだろうか。彼女には何も告げずに辞めてしまった。










これまでの仕事遍歴を振り返る 個人経営の飲食店

、、、、、、


私はここで地獄を見ることになる。


すごく簡単な言葉で表すと今までの私の人生の中で出会った人の中で最低のクソ野郎に値する人物と出会ってしまった。


何故もっとちゃんと面接の段階で見極めなかったのか、あの時この店を選んだことを本当に後悔している。


パン屋に今月いっぱいで辞めると伝えた私は、早速次のバイト先を探さければと思い、求人誌をめくっていた。


そこで目に付いたのが、まかない付きの個人経営の飲食店だった。家からもそれなりに近いし、歩いていける。次の仕事を早く見つけなければと焦っていた私は、よく考えもせず、そこに応募の電話をした。時間帯も10時から15時までで、前みたいにそこまで朝早くないし、歩いていけるし。おまけにまかないまで付いてくるならラッキーじゃん。、、、本当に軽い気持ちだった。それしか考えていなかった。


面接と言えるのか?というくらいあっさり決まり、私は早速働くことになってしまった。


そこは中年の人相が悪いおっさんが一人で経営していて、その妻(これまた眉がつり上がっている。)別の仕事をやっていたようだが、たまに店にやってきては手伝いをしていた。従業員が圧倒的に少なく、自分を入れてその段階では5人しかいなかった。

昼の部と夜の部に分かれていて、私は昼の部担当。オーナーを含め、基本+従業員二人の3人で回していた。

一人おばさんだったが、後は全員地元の大学生で、二人は今年卒業予定で恐らくもうすでに近くにバイトを辞めることが決まっていたと思う。


最初の頃はよかった。特に何を言われることもなかった。


が、すぐにパワハラが始まった。


何かが、おかしい。とは最初の段階で少し思っていた。何というか緊迫感みたいなものが漂っていた。厨房は狭く、ホールと仕切られていない。客が来ない時は、そこにオーナーが奥の方にどかっと座り、何も指示を出さず、漫画をずっと読んでいた。


世間ばなしの一つくらいしても良さそうだが、誰も言葉を発しない。発せないと言った方が良さそうな空気だった。人間が二人、ただ突っ立っていた。


容赦無く大声で罵声が飛ぶ。客がいようとお構いなしだった。オーナーが言ったその言われた通りに一つ一つ順序を踏まなければ、何故俺のいう通りにしないのだとキレられる。一つもミスは許されなかった。誰も私のフォローをしてくれる人間はいなかった。


人がいないため、休業日である日曜日以外は週6日毎日出勤した。


毎日毎日馬鹿野郎、お前は何様だ、真剣に仕事をしろ、何故そんなに遅いのかと罵られた。明らかに聞こえているはずの毎日の挨拶は無視された。


家に帰ってから毎日1時間は泣いた。全て自分が悪いのだと思っていた。

誰にも言えなかった。言える人もいなかった。


最後のまかないなんて正直食べたくもなかったが、食べないわけにはいかない。おとなしく食べていると


「お前は何を食べさせても同じ顔をしている。食わせがいがない。美味しいと言え。」と言われた。必ず美味しいと感想を言わなければいけなかった。従業員はわざと明るく大きな声でシェフ美味しいでーす!と言っていた。無言の圧力。言わせられていた。


またこのオーナーは自分のミスを人のせいにした。


オーナーに何かを作っていて、工程を一つミスしたようだった。すると近くにいた私にいらいらした様子で、いつも俺がやっているところ見てるんだから何か言うべきだろ!と言われた。意味が分からない。


更にオーナーは床に落ちたものを平気で使っていたり、客の悪口を言っていたりもした。少し急いでいるので、なるべく早く作って欲しい。と言った客に忙しいサラリーマン演じてんじゃねえと罵倒していた。


自分の経歴を鼻にかけ、聞いてもいないのに、俺は天皇に料理を出したことがあるのだ、フランスで修行していたのだ、スイスでスノーボードをしていたから腕前はプロ級だなどとどうでも良いことを自慢してきた。また店にくる業者に対しても横柄な態度を取っていた。


人を褒めることよりもけなすことの方が好きな人間だった。


その後私の後に二人新しくスタッフが入ってきた。このことにより、私に対する罵倒が少し収まった。代わりのターゲットが入ってきたからだ。


入ってきた内の一人は当時30歳位の男性だったが、明らかにオーナーに萎縮していた。本当に怖れていた。動きが止まり、ミスを連発していた。そんな彼に罵声を浴びせた。彼がいないときはいつも彼を'奴'と呼び、影口を言っていた。どうせ使えないから前の仕事も辞めさせられたんだろ、などと。


私は少し安心していた。自分じゃなくなったことに。


やがて私は3月で店を辞めた。彼もどうやら辞めるようだった。


働いたのは3ヶ月にも満たなかったが、正直あのとき何をしていたのかほとんど覚えていない。


一度本気でオーナーを殺そうと思ったことがある。オーナーが背を向けた瞬間包丁で刺してやろうと思った。キッチンが血しぶきが舞い、オーナーは倒れる。もう一人のスタッフも、殺す。血まみれの私が立っている。


でも、止めた。


手渡しで渡された賃金は、最低ラインだった。


当時20歳になった私は世の中にはくそみたいな人間がいることを知った。そしてより、人間不信に陥ることになった。












なんだこの2ショット

素晴らしいすぎるお二人💕

f:id:shaggy9:20170310230123p:plain


最高すぎて軽く叫んだわ、、、


昨日のMカ。6人揃ってくれていることが本当に嬉しい。


f:id:shaggy9:20170310230622p:plain



ヨングクさん帰ってくるのが思ったより早かったから嬉しい反面大丈夫か心配ですね。あまり無理はして欲しくない。



ユンギさんセンイル

ギリギリですが、ユンギさんのセンイルですね🎂

メンバーがツイッターに写真をたくさんあげてました。

にしてもユンギさんってこんなにかっこよかったっけ、、、お気に入りサジン。


f:id:shaggy9:20170309232740j:plainf:id:shaggy9:20170309232756j:plainf:id:shaggy9:20170309232820j:plainf:id:shaggy9:20170309232841j:plainf:id:shaggy9:20170309232902j:plain


バンタンで初めて聞いた曲はデンジャーで衝撃を受けたのはチョロ、ハマったのはホルモン戦争でしたが、正直ユンギさんは全く眼中になかったです、、、完全なるテテペンでした。


だって!!このテテかっこよすぎじゃないですか!!惚れないわけない❤️←そんむりやでやられた奴


f:id:shaggy9:20170309233533j:plain



ですが、ぴったんでユンギさんにやられちゃいました。黒髪素敵。f:id:shaggy9:20170309233912j:plain



個人的な意見でしかないのですが、彼は本当はとても繊細な人なんじゃないかと思います。言動や行動はすごく男らしいですけどね。バスケやったりラップやったりほんと男子って感じ。


私は彼の作る音楽がとても好きです。これからも良い曲たくさん作ってください😊






これまでの仕事遍歴を振り返る パン屋2

そこのパン屋にはミャンマー人の男性がいた。


当時27歳ぐらいで、既に日本人の奥さんと結婚していたため、日本語はペラペラだった。パン屋で働いているのは将来ミャンマーで飲食店を開きたいからだそうだとおばさんから聞いた。


褐色の肌で背がひょろっと長く、何よりイケメンで、彼の近くを通るときはいつも緊張した。


彼とまともに喋ったのはたった一回だったのだが、今でも忘れることが出来ない。


働いていたパン屋では無料でコーヒーをサービスしていたのだが、従業員も飲んでいいことになっていて、彼が飲みにきていた。


私は彼がいることに気づき、所在無さげにじっとしていた。やることもなかったし。


、、、視線をすごく感じていた。明らかに私のことを見ていた。


空気感に耐えきれずちらっと見ると目が合った。そしてそこで話しかけられ、初めて話した。


内容は兄弟いるの?とか私について尋ねる些細な普通の会話だったり、ミャンマーは苗字がなく、全部名前なのだ、と教えてもらったりしたのだが、話の最中はすごくドキドキしていた。


私の本名(苗字)は少し珍しいのだが、「ミャンマーに同じ地名のところあるよ」と言われ、「本当?!」と驚いて言ったらにっこり微笑んでいた。


私は思い切って、「英語で話してもいいですか?」と聞いて、返事も待たず、英語で一方的に話しかけた。


質問に日本語で答えた彼は、


「〇〇さん(本名)の英語は聞き取りやすくわかりやすい。すごくうまい。」


まだ洋楽を聴き始めたばかりの高校生だった私に当時かけられたその言葉はこれから私が英語をちゃんと勉強しようと思うようになったきっかけになった。


彼はそのあと私が出勤した時には辞めていた。理由はわからない。ミャンマーに帰ったのだろう、と周りが言っていた。


それまで私はミャンマーに全く興味がなかったのだが、彼との出会いによりいつか必ず行こうと決めた。私と同じ苗字の場所を探しに。



これまでの仕事遍歴を振り返る パン屋

私は通信制高校を2年前に卒業した。


本当は3年で卒業するはずだったが、ちょっとしたミスで一年伸びてしまい、結果4年で卒業するはめに。(何故伸びたのかはまた後で)


最後の一年は学校に行く必要がほぼなかったので、バイトをすることにした。


厳密にいうと初めてではないのだが、初めてと言っていいバイトだった。勤務先は家から自転車で30分の少し遠いパン屋。


19歳になったばかりくらいの時。職場では最年少だった。


ここでは4月頭から12月終わりまで働いた。


私がこれまでしたバイトの中で最長に入る。


そこのパン屋はパンを作る部門と売る部門に分かれており、私はレジ打ちの売る部門で働くことになった。


作る部門担当はそれなりに若い人達が多かったのだが、売る部門担当はほとんどがおばさんだった。


まあ大抵は普通の人達だったのだが、一人どうしても苦手なおばさんがいた。


そのおばさんは眉がつり上がっていて、キビキビした人で、私の容量の悪さにいつもいらいらしていた。私の行動一つ一つに目を光らせていたように思う。何をしても怒られていた記憶しかない。


当時の私はこのおばさんが本当に恐ろしく、近くにいるといつも緊張していた。わからないことがあってもこのおばさんには聞くことができず、自分からは関わろうとはしなかった。


一度このおばさんに営業時間中、酷く怒られたことがある。


確かおばさんにこのペットボトルを冷蔵庫に入れて冷やして置くようにと頼まれたものを他の仕事をしていてすっかり忘れていた。前後関係はよく覚えていないのだが、まず「冷やしておいてって言ったでしょ」と言われたのは覚えている。すみません。と言った後、これまでのいらいらを爆発したように説教が始まった。


内容はあまり覚えていないが、あなたのために言っている、誰にも言ってもらえなくなるんだからね!そして、「あなたみたいな人は社会に通用しない」と言われた。


そうか、私みないな人間は社会には通用しないのか。思ったことはそれだけだった。


このおばさんは私情でその後1カ月でやめ、私は緊張感からある程度解放された。


私はその半年後くらいに死ぬ程仕事を辞めたくなっていた。理由として土日のシフトは大抵朝7時から夕方の16時。自転車で30分なので6時前には起きなくてはならず、朝の弱い私にはかなりきつかった。セールなんかがあると、残業で18時19時近くになっていた。平日は遅番で、毎日後片付けをしていた。


パン屋と言ってもパンを作るわけではなく、レジ打ちのため客が来なければやることはなく、暇で暇で仕方がなかった。それなのに拘束時間は長い。


精神的、肉体的に限界となり、辞めた。そんなに嫌なら辞めればと言われていたので、全く引き止められず、あっさり辞められた。


色々あったのだが、私を気にかけてくれた人が多く、よく話をした。職場の同僚全体でここまで私の話を聞いてくれたのは今でもこのパン屋しかない。


まあ辞めた一度も行っていなく、行く気も全くないのだけれど。














B.A.P WAKE ME UP mv公開!

きたぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!


ついにWAKE ME UP mv公開しましたね。


ちょっともうみんなかっこよ過ぎ。どういうことなの、、、


B.A.Pらしくセクシーで力強い最高のナンバーですね。


にしてもデヒョン美しすぎる、、、



f:id:shaggy9:20170307203242p:plain


ヨングクさんお帰り!パーマ超似う       

❤️


f:id:shaggy9:20170307203343j:plain


自然体のジュノンがすごく好きです。



f:id:shaggy9:20170307204141p:plain


私はB.A.Pではこの3人、中でもジュノンペンです。彼はアイドルというよりも本当に普通の青年という感じがします。インスタに挙げるセルカはほぼすっぴん。愛犬と遊んでいたり、ご飯を食べていたり、変顔していたり。写真を加工したり、綺麗にメイクをしたかっこいい写真を挙げるアイドルが多い中、(というかそれが普通なんですけれど)本当に飾らない素敵な人だなと思います。


個人的に私はそういうアイドルの方がより好感を持っています。肌荒れしていても髭が生えていても全然気にしません。だって同じ人間ですからね。だから写真は別に極端に加工しなくてもいいんだけどな、、、


そういえば1月に渋谷のタワレコに行ったんですけど、そこにメンバーの等身大パネルがあったのですが、

ジュノンがあまりにでかくて面食らいました笑笑


f:id:shaggy9:20170307205553j:plain


並んだら私の頭が彼の背中くらいだったんです。私が小柄なせいもあり、みんな大きかったですけど、ジュノンは一際でかかった。


年下に見えねぇ、、、最高です


来月にまた日本に来ますし、とても楽しみです😊💕