読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は続かないけれど好奇心を探究していくブログ

1995年2月9日生まれ。現在22歳のフリーター。これまで一年続けた仕事はありません。日々自分には何が出来るのか、今後どのように生きていったらいいのかを模索しています。好きなものは洋画と洋楽(ロック、ヒップホップ、ダンスミュージックなど)また語学が好きで、英語と韓国語独学中。コリアンミュージックが好きで特にBTSとB.A.Pが好きです。

これまでの仕事遍歴を振り返る 個人経営の飲食店

、、、、、、


私はここで地獄を見ることになる。


すごく簡単な言葉で表すと今までの私の人生の中で出会った人の中で最低のクソ野郎に値する人物と出会ってしまった。


何故もっとちゃんと面接の段階で見極めなかったのか、あの時この店を選んだことを本当に後悔している。


パン屋に今月いっぱいで辞めると伝えた私は、早速次のバイト先を探さければと思い、求人誌をめくっていた。


そこで目に付いたのが、まかない付きの個人経営の飲食店だった。家からもそれなりに近いし、歩いていける。次の仕事を早く見つけなければと焦っていた私は、よく考えもせず、そこに応募の電話をした。時間帯も10時から15時までで、前みたいにそこまで朝早くないし、歩いていけるし。おまけにまかないまで付いてくるならラッキーじゃん。、、、本当に軽い気持ちだった。それしか考えていなかった。


面接と言えるのか?というくらいあっさり決まり、私は早速働くことになってしまった。


そこは中年の人相が悪いおっさんが一人で経営していて、その妻(これまた眉がつり上がっている。)別の仕事をやっていたようだが、たまに店にやってきては手伝いをしていた。従業員が圧倒的に少なく、自分を入れてその段階では5人しかいなかった。

昼の部と夜の部に分かれていて、私は昼の部担当。オーナーを含め、基本+従業員二人の3人で回していた。

一人おばさんだったが、後は全員地元の大学生で、二人は今年卒業予定で恐らくもうすでに近くにバイトを辞めることが決まっていたと思う。


最初の頃はよかった。特に何を言われることもなかった。


が、すぐにパワハラが始まった。


何かが、おかしい。とは最初の段階で少し思っていた。何というか緊迫感みたいなものが漂っていた。厨房は狭く、ホールと仕切られていない。客が来ない時は、そこにオーナーが奥の方にどかっと座り、何も指示を出さず、漫画をずっと読んでいた。


世間ばなしの一つくらいしても良さそうだが、誰も言葉を発しない。発せないと言った方が良さそうな空気だった。人間が二人、ただ突っ立っていた。


容赦無く大声で罵声が飛ぶ。客がいようとお構いなしだった。オーナーが言ったその言われた通りに一つ一つ順序を踏まなければ、何故俺のいう通りにしないのだとキレられる。一つもミスは許されなかった。誰も私のフォローをしてくれる人間はいなかった。


人がいないため、休業日である日曜日以外は週6日毎日出勤した。


毎日毎日馬鹿野郎、お前は何様だ、真剣に仕事をしろ、何故そんなに遅いのかと罵られた。明らかに聞こえているはずの毎日の挨拶は無視された。


家に帰ってから毎日1時間は泣いた。全て自分が悪いのだと思っていた。

誰にも言えなかった。言える人もいなかった。


最後のまかないなんて正直食べたくもなかったが、食べないわけにはいかない。おとなしく食べていると


「お前は何を食べさせても同じ顔をしている。食わせがいがない。美味しいと言え。」と言われた。必ず美味しいと感想を言わなければいけなかった。従業員はわざと明るく大きな声でシェフ美味しいでーす!と言っていた。無言の圧力。言わせられていた。


またこのオーナーは自分のミスを人のせいにした。


オーナーに何かを作っていて、工程を一つミスしたようだった。すると近くにいた私にいらいらした様子で、いつも俺がやっているところ見てるんだから何か言うべきだろ!と言われた。意味が分からない。


更にオーナーは床に落ちたものを平気で使っていたり、客の悪口を言っていたりもした。少し急いでいるので、なるべく早く作って欲しい。と言った客に忙しいサラリーマン演じてんじゃねえと罵倒していた。


自分の経歴を鼻にかけ、聞いてもいないのに、俺は天皇に料理を出したことがあるのだ、フランスで修行していたのだ、スイスでスノーボードをしていたから腕前はプロ級だなどとどうでも良いことを自慢してきた。また店にくる業者に対しても横柄な態度を取っていた。


人を褒めることよりもけなすことの方が好きな人間だった。


その後私の後に二人新しくスタッフが入ってきた。このことにより、私に対する罵倒が少し収まった。代わりのターゲットが入ってきたからだ。


入ってきた内の一人は当時30歳位の男性だったが、明らかにオーナーに萎縮していた。本当に怖れていた。動きが止まり、ミスを連発していた。そんな彼に罵声を浴びせた。彼がいないときはいつも彼を'奴'と呼び、影口を言っていた。どうせ使えないから前の仕事も辞めさせられたんだろ、などと。


私は少し安心していた。自分じゃなくなったことに。


やがて私は3月で店を辞めた。彼もどうやら辞めるようだった。


働いたのは3ヶ月にも満たなかったが、正直あのとき何をしていたのかほとんど覚えていない。


一度本気でオーナーを殺そうと思ったことがある。オーナーが背を向けた瞬間包丁で刺してやろうと思った。キッチンが血しぶきが舞い、オーナーは倒れる。もう一人のスタッフも、殺す。血まみれの私が立っている。


でも、止めた。


手渡しで渡された賃金は、最低ラインだった。


当時20歳になった私は世の中にはくそみたいな人間がいることを知った。そしてより、人間不信に陥ることになった。